keyakizaka1









佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント 【秋元康・飯塚悟志(東京03)・ハナコ】26:35〜
https://www.youtube.com/embed/Je1nz1HTZag?start=1595


佐久間:え?じゃあ欅坂は募集した中で人を見て…。
てっきり僕は、ロック調の「サイレントマジョリティー」っていう曲が先にあったと思ってたんですよね。

秋元:つまり、欅坂のオーディションをやったときに、本当に…明るくないの。

佐久間:なるほど笑

秋元:なんか大人たちを睨みつけてるわけ、みんな。
だから「大人たちが嫌いな人たちなんだな〜」と思って。
だから「大人たちに支配されない」って、なんとなく言葉としては思ってたんだけど。
それが「メチャカリ」っていう会社のCMソングだから「明るい曲でお願いします!」って言ってたのに出来ちゃったのが「サイレントマジョリティー」でさ笑
どうしようかな…と思ってたら、メチャカリの石川社長が「いいですね!」って言ってくれて。
だから、それが決まらなかったらここまでヒットしなかったと思う。

佐久間:先に決まってたのに違う曲が生まれちゃったのをOKしてくれたから大々的に出せたと。

秋元:「プロデュースは0の物を1にする」って思われてるけど、絶対にそんなことあり得ないから。
「0.1を1」にするんだよね。
だから、何か兆しや種みたいな物が無いと作れない。
だから、欅坂を見てると普通はグループは一つに纏まるんだけど、この子達は纏まらない面白さがあるな。「不協和音」で面白いなって…。

佐久間:なるほど!

秋元:それが「不協和音」っていう曲になったりするの。だからその時によって…。

佐久間:目の前の本人たちの中にある「0.1」みたいのを見つけて企画にするっていう感じか…。

秋元:だから欅坂が凄い勢いになったんだけど、でも「ここから大変だよ」と。
つまり凄い良い環境でデビューしてすぐ紅白とか出たじゃん?
だから「ガラスを割れ」に行くとか。

佐久間:なるほど。それは逆に言うと、その子たちへのメッセージ。

秋元:AKBでも「river」っていう曲は「ここから大変だぞ!」っていう「川を渡れ!」っていうのはある。

佐久間:なるほど。

ERI0RDBUwAYTCzG







引用元:http://radiko.jp/