スクリーンショット 2020-01-23 21.23.02









2020.123
皆様へ。
佐藤 詩織


皆さん、お久しぶりです。

そして、2020年、
明けましておめでとうございます


もう2020年ですね
早いな〜あっという間ですね


私が欅坂46のメンバーになって、
もう4年と5ヵ月が経ちました


常に周りの事にがむしゃらでした

美術大学にいる学生の私と
欅坂46でアイドルをしている私。

常に2人の私が居るようで、

今思えば、
毎日がすごくすごく精一杯の日々だったなって感じます


2019年の3月に、無事美術大学を卒業し、
やっと1人の私になりました。


それから、ふと、
自分の事や、自分の周りの事を
深く考える事が多くなりました


今までがむしゃらに過ごしてきた日々を
少しゆっくり思い返してみたり、

自分の頭の中を整理する感じで。


周りの環境が変わっていく中で、

新しい一歩を踏み出した人を見ていく中で、

もっと色々な世界を見て、成長したいなと思うようになりました。


オフィシャルニュースにもありましたが、私、佐藤詩織は少しの間、欅坂46の活動をお休みし、美術の勉強のため留学させて頂きます。


アイドルという職業を4年と少しやらせて頂き、
沢山の経験をさせていただきました。

東京ドームという沢山のアーティストの方々が
夢見る場所で、欅坂46としてLIVEをする夢も
叶えていただきました。

欅坂46としてさせて頂いた事は、一つ一つがキラキラしていて、どれも一生忘れる事は出来ないと確信できる程、素晴らしい景色でした。


本当に、欅坂46になれて良かったと思う約4年と5か月でした。


どんな時でも応援して頂いた皆様のおかげです。

本当に本当に、数え切れない程、
不安にさせてしまう事があったと思います。

それでも、LIVEをしたり、握手会をすると、
変わらず皆さんの顔が見れて、
ちゃんと応援して下さってるのだなって
有り難い気持ちでいっぱいになりました。


本当にありがとうございました。


そして、共に困難を沢山乗り越えて
夢を叶えてこれた、欅坂46のメンバー。

こんなに心が素敵で優しい人間て、
こんなにも沢山集まるのだなって、
いつもいつも思いました。


みんなは優し過ぎて傷つきやすかったりするので
これからも自分を大切に、頑張ってほしいです


みんなとだったからここまでやってこれた気がします。

改めて、出逢えて良かった大好きすぎる の言葉で溢れてます。


そして欅坂46のスタッフの皆様。


不器用で、時には迷惑をかけたり
何を考えているのか分からないよって
思わせてしまったことも沢山あるだろうに

どんな時でも、
僕らは諦めないよ って強く支えて下さりました。


私の、今回の決断も、受け入れて下さり
理解して下さりました。

何回も悩んだ時、親身になって話を聞いて下さり
いつも温かく守って下さりました。


そして、欅坂46、
そして私に関わって下さった沢山の媒体の皆様。

素敵な場所を選んでいただき、素晴らしいカメラマンさんに撮影して頂いたり、取材して頂いたり、本当に身を持って近くで、プロの皆様から学ぶことも沢山あり、有難いなと数え切れない程思いました。


こんな有り難い環境に、自分が所属する事が出来るなんて、大学に入ったばかりの私は夢にも思ってなかったです。


そして、この有り難い環境に感謝すると同時に、
甘えていないで自分の武器をもっと磨くチャレンジを
したいな、と思うようになりました。


もっと沢山の物を見て、触れて、インプットして、

そういう時間が必要だなと。


皆さんには突然のことでビックリさせてしまったかもしれませんが、、


私は、欅坂46が大好きです。

自分の人生の中に、欅坂46があって良かった。


数え切れないほどの大切な思い出や
皆さんから頂いたお言葉、
一つ一つを忘れずに思い出しながら、前に進んで、


またひと回り大きな自分になって、欅坂46に戻って来れたらなと思います。


ですので、皆様には、
これから先も続いてゆく、欅坂46の歴史を

温かく強く応援して頂けたらなと思います。


どうか 欅坂46をよろしくお願いします


勿体ないくらいの沢山の愛を
本当に本当に、ありがとうございました!


これから先もメンバー、スタッフさん、
そして、皆さんが、
沢山の幸せで溢れていますように。


佐藤詩織






引用元:https://www.keyakizaka46.com/