no title









290: 君の名は(やわらか銀行) (ワッチョイ 4101-VRpb)
1/21 東京カレンダー
no title

no title

山下美月(乃木坂46)
二十歳のアイドルが大人の女になる時
https://tokyo-calendar.jp/article/17397

470: 君の名は(やわらか銀行) (ワッチョイ 4101-VRpb)
乃木坂46の次世代エース、山下美月を大人な渋谷に誘い出したら、色っぽくてドキドキしっぱなしになった!
https://tokyo-calendar.jp/article/17397
no title

国民的アイドルグループ「乃木坂46」の新成人メンバー・山下美月さんが大人の街へと変貌を続ける、渋谷の最旬スポット『CÉ LA VI TOKYO』へ。
艶やかなムードが漂う、大人の社交場のような空間で、彼女の新しい一面を引き出してみた。

「『東京カレンダー』に出るのが高校生の頃からの私の夢でした。まさかこんなに早く叶うなんて思っていなくて。今日はとてもうれしいです」。
山下美月さんは瞳を輝かせた。
今をときめく国民的アイドルグループ「乃木坂46」の一員であり、デビュー直後からその完成されたルックスと高いアイドル性でファンを魅了してきた彼女。
1月21日に上梓する初のソロ写真集には昨年の時点で予約が殺到し、紀伊國屋書店の注文受付がいったん終了するという事態が起きた。

それだけ期待を集める“エース”は、なぜ本誌に出るのを「夢」と語るのか。まずはそれを掘り下げようとすると、山下さんは照れたように笑いながらこう言った。
「昔から大人の世界に惹かれるところがあるんです。
『東京カレンダー』さんは、たとえば隠れ家のようなレストランでお忍びデートするようなワンシーンを写真で切り取って、艶やかな世界を見せてくれるでしょう。

そこがすごく好き。ひとりでときどき妄想しています。私もいつか誰かに連れていってもらいたいなあって」
“アイドル”が夢を見させてくれる存在だとしたら、山下さんの発言の最後のくだりはまさに、こちらに夢を抱かせてくれるものだ。

だが、本人に言わせると、「自分はちっともアイドルらしくない」らしい。彼女は言葉を選ぶようにゆっくりと口を開いた。

474: 君の名は(やわらか銀行) (ワッチョイ 4101-VRpb)
>>470
「自然体が可愛くて、素のままでアイドルをやれる方がいいと思っているのですが、私は違います。
お休みの日はたいてい夕方までゴロゴロしていて、手の届く範囲のところにお菓子やティッシュ、ゲームなどを置いてはベッドから一歩も動きません。干物系なんです(苦笑)。
だから、ライブに出演したり、握手会に出席したり、人前に出るときは意識的にスイッチを入れないと。これからは仕事モードだ、って」

自分が歌ったり演技したりする姿を後から映像で見直すたびに、「これは私じゃない」と感じるという。
それはつまりオンとオフを切り替えられていることであり、プロ意識が高いとも言えそうだが、山下さんは「いやいやいや」と首を横に振った。
「スポットライトを当てていただいているときの自分と、もともとの自分とにギャップがありすぎるんですよ。普段の私は、街なかにいても気づかれないくらいですし」

聞けば、一人で焼肉を食べに行ったり、カフェに行ったりするのが日常茶飯事らしい。また、夜、仕事帰りに渋谷のセンター街をひとりでふらっと歩くこともあるそうだ。
「人混みって意外とラクなんです。まだ働いている人がいるんだな、みんな自由な時間を過ごしているんだなと歩くだけで感じられるから。
このお仕事をしていると、同世代の方がどういう暮らしをしているのかが見えなくなりがちですけど、渋谷には同世代が多くて安らげるんです」
そうなのかもしれない。芸能界は特殊な世界である。年齢は関係なく、経験が浅い10代でもプロとして責任を持って仕事にあたらなければいけない。
しかし、10代には10代ならではの自由がある。彼女が雑踏に紛れるのは、そうすることで社会とのつながりを見出し、バランスを取ろうとするがゆえなのだろう。

さて、そんな山下さんは、昨年二十歳になり、今年の1月には乃木神社で成人式を迎えた。いわゆる大人の仲間入りを果たしたことになるが、その心境はいかなるものか。
訊ねてみると、彼女はまっすぐにこちらを見て「強い女性になりたいです」と言った。まわりに流されず、自分が好きだと思うことを素直に追いかけられる人になりたいそうだ。そんなふうに考えるようになったのはなぜか。
他でもない。「乃木坂46」のおかげとのこと。

「乃木坂46にはソロ活動するメンバーがたくさんいます。それでいてレコ大や紅白で集まるとみんなのパワーが半端ない。
それって、ひとりひとりが外の現場で吸収してきたことを一斉に発揮し合えばこそだと思うんです。私もグループに還元できるように、自分の行きたい道をちゃんと進まないと。
『東京カレンダー』さんに撮影していただきたいと名乗りを上げたのは、まさに大きな一歩です。もともとあまり欲がない私が、自分からこんなふうに強く意思表示をしたのはコレが初めてなので」

 その言葉を受けて訊ねてみた。「次に本誌で大人のデートを体験するとしたらどんなことがしたい?」。すると彼女はひときわうれしそうな顔になり、そして言った。

「バーに行ってみたいです。まだ行ったことがないので。できれば高層階の夜景が綺麗なところ。大人の世界を知りたいと思います」
 自身の写真集の撮影で訪れたパリでは信号待ちでイチャイチャしているカップルを見かけ、オープンに恋愛している様子に好感を持ち、「その自由な雰囲気も憧れます」と話す山下さん。

今回の撮影でも凛として、ときに色っぽい視線をカメラに向けてくれたが、これから先、彼女のそうした大人の一面がどんどん開花していくのだろう。
「進化を見守るのが醍醐味」と語るアイドルファンは多いが、彼女を前にしてそれを理解できたような気がした。




引用元:http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/nogizaka/1579519307/