o0480031913429871231









347: 君の名は(やわらか銀行) (ワッチョイ 7f01-2UYq)
【インタビュー】井上小百合(乃木坂46)「今まで演じた役の中で一番自分に近いのかもしれない」 笑顔でステージに立つ経験を活かしフラガールに挑む!
https://rankingbox.jp/article/73781

映画では蒼井優が扮したフラガールのリーダー・紀美子役を演じる乃木坂46の井上小百合に話を聞いた。幼少期の出来事、乃木坂46での活動やメンバーとの絆など、様々な経験が役柄に活かされそうだ。

351: 君の名は(やわらか銀行) (ワッチョイ 7f01-2UYq)
——紀美子は早苗との別れや母親との対立など様々な試練を乗り越えていきますよね。これまでに試練を乗り越えたという達成感があった出来事はありますか?

井上小百合 
ありました。『アンダーライブ セカンド・シーズン』はすごくハードなライヴだったんですけど、そのときに持病が悪化して、公演を休むことになってしまって。

しかも、自分が座長のときだったので、みんなに申し訳ないという気持ちでいっぱいになって。でも、体はどうにもならないし、ここで休んでおかないと、今後動けなくなってしまうかもしれないという事態に陥って、本当に悔しくて悔しくて……。

でも、みんなが支えてくれたんですね。

自分が休んだ公演の朝、会場には行っていたけど出られなくなって。楽屋でひとりで映像を観ていたら、みんなが真ん中だけぽっかり空けて、ライヴを続行して。

私はいないのに、ファンの方が私のコールをしてくれたんですよね。それでもう、申し訳ないのと、ありがたいのが感極まってしまって。

その後ライヴに立ったんですけど、緞帳があいて曲が始まったときに、自分が変わった気がしたんです。まだ、体も痛かったんですけど、私はみんなのおかげで強くならなきゃいけないと思ったというか、強くなるタイミングなのかもしれないって感じて。

全員が集まったときに、千秋楽でもないのにアンコールが起こって。そのときは、ファンの方にもその気持ちが伝わったんだっていう達成感がありましたね。




引用元:http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/nogizaka/1571297918/