no title









297: 君の名は(愛知県) (ワッチョイWW 393c-YlBK)

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

312: 君の名は(浮遊大陸) (ワッチョイW ea61-I6I5)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

325: 君の名は(愛知県) (ワッチョイWW 393c-YlBK)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

343: 君の名は(庭) (アウアウエー Sa52-ijz6)
>>325
与田ちゃんはかずみん側では割り込めなかったのか

302: 君の名は(地震なし)
7年間、初めのころ、なんかもう、しゃかりき、って感じで。「みんな私を見て欲しい」みたいな気持ちでできる場所なんですよね、 
唯一、私にとって、その、ライブっていうか、このステージ上。ステージを降りると、なんか恥ずかしくて、 
「あまり見ないで~」ってなるんですけど、ステージに上がって音楽がかかると、楽しくて、 
遠くのお客さんにも届くように腕を目いっぱい伸ばして、大きく見せようって。なんか、自分の中で、 
ライブに対してのルールじゃないですけど、こういうふうにしよう、こういふうにしようと、ひとつずつ生まれていって。何年もかけて。 
それを考えるきっかけになるのは、見てくれるファンの方に喜んで頂きたいというのが原点にあるので、そういう風にいろいろ思わせてくれたことに、すごくありがたいことだな、と思います。 

(観客から「ありがとう」の声)いえ~、こちらこそ、なんですよ。 
あ~、なんか、恥ずかしくなってきました。卒コンて1日しかないものなんで、ここの会場には約5万人の方がいらっしゃって、 
でもこの画面の向こう側にはもっとたくさんの方が、今も見てくださってて。そんなふうに、そんなふうに「乃木坂46の西野七瀬」として、 
なれたことは、本当に、もう、ねえ。誰も予想しなかったですよね。私でさえも思わなかったですから。本当に幸せだなって思いますね。 

さっきも言った、たくさんの方が力を貸してくれて、私たちって活動できている存在ですから。 
その気持ちって、でも、私たちアイドルって職業だけじゃなくて、他の仕事にももちろん、そういうこと生きると思うんですよね。 
だから、この乃木坂の7年間で、そうやって覚えていったこと、教訓的な、自分で考えたものは、この先ずっと、どこに行っても役に立ってくれるものだと思ってますね。うん、えへへへ。本当に感謝しかないです。本当に、本当にありがとうございます(会場から拍手)。

372: 君の名は(やわらか銀行) (ワッチョイ 5d01-Bvym)
西野七瀬が地元大阪で卒業コンサート/写真特集
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902240001394.html

西野七瀬の卒コン倍率10倍だった 応募殺到50万
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902240001326.html

401: 君の名は(やわらか銀行) (ワッチョイ 5d01-Bvym)
去年のラスト全握2万人!西野一人で!!!

初の握手会、西野七瀬に並んだのは3人だけだった…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-02240998-nksports-ent
柔らかい関西弁と、はかなげな笑顔で人気だった西野だが、決して最初から順風満帆なアイドル人生ではなかった。強い意志で自分を変え続け、ファンの需要に応えていった。
加入直後の11年9月25日、初イベント「お見立て会」で西野の握手会の列に並んだのは、たったの3人だった。人見知りで、何をしゃべっていいか分からず、表情も硬かった。
「上を目指したい」という気持ちは秘めていたが、性格は簡単には変えられない。出来ることから始めた。当初は派手だったメークのトーンを落とした。握手会で言葉はすぐには出てこないが、ファンの手を強く握り、手をさすって感謝を伝えた。
昨年12月23日、インテックス大阪で行われたラスト握手会。西野のレーンには、約2万人が並んだ。挑戦し、変化し、成長した。列は、7年前の6000倍以上になった。


585: 君の名は(やわらか銀行) (ワッチョイ 5d01-Bvym)
ライブ中盤、西野と同い年で「94年組」と呼ばれる桜井玲香(24)井上小百合(24)中田花奈(24)の3人が、感極まる場面があった。
94年組に送られたという思い出深い楽曲「遠回りの愛情」などを披露した後、中田はライブに向けたこの曲の課程などを振り返り「リハの段階で、結構うるうる来てて。なんか『最後か』って思うのがすごい来ちゃって」。
ライブ開始までは西野が卒業する実感が無かったというが、オープニング楽曲「気づいたら片想い」の冒頭、西野のアカペラソロ歌唱を受けて、実感が湧いたという。
「声が震えてて。それを聞いた時に『もう、ヤバイ』と思って。そこでやっと、実感した」と、涙をこぼした。

井上は「しかも、(齋藤)飛鳥とまいやん(白石麻衣)が手を置いたら曲が始まるのに、手をなかなか置かないの。始まったら(いつか)終わっちゃうから。『終わりたくないんだな』と思って」と明かした。
桜井は「やっぱり、なーちゃん(西野)は誰からも愛されている女性ですね」と、笑顔を見せた。




引用元:http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/nogizaka/1551021679/